毎日おいしく楽しく☆                                    
byまる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
http://s..
by Annomoure at 15:52
http://ww..
by Annomoure at 04:24
Make i linge..
by Lopyinivy at 11:22
] http:..
by Annomoure at 16:32
http:/..
by Annomoure at 03:45
] http:..
by Annomoure at 03:35
] http:..
by Annomoure at 07:48
] http:..
by Annomoure at 10:49
http:/..
by Annomoure at 11:44
] http:..
by Annomoure at 13:44
最新のトラックバック
わらび餅の美味しさをキュ..
from 水のある生活
霞町 すゑとみ(すえとみ..
from 美味食楽 ~ ランチ・日本橋..
夏はやっぱりかき氷
from 街角探検隊
東京ミッドタウン レストラン
from 東京ミッドタウン レストラン
ノーリーズ
from ノーリーズ
リンク
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:和SWEETS( 60 )

*くりはち* 焼き栗
b0059275_20193519.jpg
丸ビルの地下をうろうろしていたら、
ちょっとした人込みを発見。

なんだろ~と思って近づいて
みると、それは焼き栗のお店
”くりはち”でした。


栗好きの私が、これを見て素通りできるはずもなく・・・

お店の人の良さそうなオバサマに薦められるがままに試食をし、
気がついた時には、しっかり一袋購入していました(笑)

だって、とっても美味しかったんですよ~♪

上質な栗をただ焼いただけ、というシンプルなものですが、
シンプルだからこそ、素材そのものの美味しさをしっかりと味わうことが
できました。

栗は、茨城産の丹沢栗。
香ばしく、ほっこりとした美味しさに、なんだか癒されてしまいました。

この”くりはち”ですが、丸ビルの「ラ・カルト」というコーナーに、11月30日迄の
期間限定で出店中です。

栗がお好きな方は、今月末までにぜひ丸ビルへ!(笑)
[PR]

by marutaka0906 | 2005-11-26 20:47 | 和SWEETS
*Wa・Bi・Sa* 茶遊(さゆう)
b0059275_22472556.jpg銀座三越に1年程前にOPENした
”Wa・Bi・Sa(ワ・ビ・サ)”という
お店がずっと気になっていたので、
週末に行ってみました。

私が訪れたのが夕方だったせいも
あるのですが、ショーケースの中は
ちょっと寂しい状態・・・(涙)
なかなかの人気店なんですね。

それでも、最近発売になったばかりというお茶のプリン「茶遊」を発見。
ほうじ茶、抹茶、緑茶の3種類のプリンが、シンプルなケースに入って、
630円。

ほうじ茶には柚子、抹茶にはアーモンド、そして緑茶にはオレンジの
フレーバーが加えられているのですが、どれも甘さ控えめ、クセのない
仕上がりで、とても食べやすいお味でした。

ただ、欲を言えば、それぞれもう少しお茶の風味が強くてもいいかなぁ
という気はしたかな。
特に緑茶は、オレンジのフレーバーに負け気味だったような・・・

ちなみに、私が3種類の中で1番気にいったのは、ほうじ茶。
ほうじ茶の香ばしさと、柚子の爽やかさがとてもよく合っていて美味しかった♪

ほうじ茶はできればリピートしたいな~と思うんですけど、3種類セットでしか
販売していないんですよね・・・個別で販売してもらえるといいんだけどなぁ・・・

ところで、こちらのお店のコンセプトは、「和の素材、洋のテイスト」。
お店のHPを見ると、たまり醤油やお味噌、わさびなどの和素材を使った
魅力的なお菓子がたくさんありました。

銀座三越にしか店舗がないのが不便ですが、和素材のスイーツに興味の
ある方は、1度覗いてみてください。

それと、このお店の「これがオススメ!」というのがある方は、こっそり教えて
いただけると嬉しいです(笑) よろしくお願いします。
[PR]

by marutaka0906 | 2005-09-24 22:38 | 和SWEETS
*ふるや古賀音庵* 黒胡麻だんご
b0059275_413082.jpg
「中秋の名月」の今日、皆さんは
どのように過ごしましたか?

「食べる」ことに関しては、必要
以上に積極的になる私は、勿論
お団子を買いに走りました(笑)


目標は、昨日UPした”創り人英喜”の黒胡麻のふ菓子を食べたせいで、
ど~しても食べたくなった、”ふるや古賀音庵”の「黒胡麻だんご」。

今回はecute大宮店に行ったのですが、閉店ギリギリだったせいもあって、
最後の1箱、危ないところでした。 入手できて、よかった~・・・

ところで、上の写真は、お団子の入った箱を開けた直後の写真です。
”ふるや古賀音庵”の黒胡麻だんごをご存知ない方は、ちょっとビックリして
しまうんじゃないでしょうか?お団子の姿が全く見えないですものね。

湿って黒っぽくなっている方にはお団子、グレーの方には串(持つ部分)が
入っているので、グレーの方を楊枝か何かで探って、埋もれたお団子を
取り出さなくてはなりません。

b0059275_440957.jpg
←取り出したお団子がこちら。


う~ん・・・取り出しても、黒胡麻が
たくさん付き過ぎていて、やっぱり
お団子には見えないかも・・・


でも、この一見セメントのようで、おいしそうには見えないお団子が、
実はとっても美味しいんです♪

これだけたくさん黒胡麻が付いてるんですから、胡麻の香ばしさは
バッチリ味わえます。 和三盆の優しいあっさりとした甘さもgood!!

そして、微かに感じる塩気が、この上品な甘さをより引き立てている
ように思います。お団子もモチモチで美味しい!

5本入りで945円(税込)と、お値段がちょっとお高めなことと、
先日ご紹介した「白松がモナカ」と同様、食べた後にお歯黒状態に
なるのが難点かな。

・・・と、お団子の感想ばかり書いている私ですが、ちゃんとお月見も
楽しみましたよ~! まんまるのお月さまが、とっても綺麗に見えました。

普段は忘れがちなんですが、綺麗なお月さまを眺めながら美味しい
お団子を食べるという平和な時間を過ごすことができるのは、とっても
幸せなことだなぁと、しみじみ・・・

なぁんて、しみじみしながらも、母と2人で5本をペロリとたいらげちゃいました(笑)

ところで、残った黒胡麻は、お料理に使うことができます。
我が家は、明日、ほうれん草の胡麻和えにする予定。これも楽しみだな~・・・
[PR]

by marutaka0906 | 2005-09-18 23:57 | 和SWEETS
*創り人 英喜* 黒胡麻のふ菓子
b0059275_1022996.jpg”創り人 英喜”東急フードショー店で、懐かしいお菓子を発見。
ついつい購入してしまいました。

ちなみに、”創り人 英喜”とは、
黒胡麻団子で有名な、”ふるや
古賀音庵”
の姉妹店。


店名は、”ふるや古賀音庵”の工場長、和泉英喜氏の名前から
付けたものだそうです。

私が見つけた懐かしいお菓子とは、ふ菓子。

3種類ほどのふ菓子がありましたが、”ふるや古賀音庵”といえば
黒胡麻だよな~と思い、「KUROGOMA」を購入しました。
シンプルな茶筒のような缶に入って、630円。

私にとってのふ菓子は、小学生の頃に、駄菓子屋さんで1本10円位で
買ったものなので、毒々しい紫色をしていて、心なしか黒糖の味がする、
外側がバリッとしていて内側はふわっとしているものです。

形は「うまい棒」みたいな形(笑)

でも、缶から出てきた”創り人 英喜”のふ菓子は、当たり前というか、
私が思っているふ菓子とは全然違うものでした。

一口サイズの形はもちろん、大きく違うのは食感。全体的にカリッと
しています。 黒胡麻の味はしっかりするのですが、お麩の味もちゃんと
感じられました。

不思議なのは、形も味も、自分の思うふ菓子とは全然違うのに、
いただいた時に懐かしい気持ちになったということ。
郷愁を感じさせる味とでもいうのかな。

ものすごく美味しいという感じではないのですが、安心していただける
美味しさです。 ほんのりと優しい甘さなので、どんどん食べてしまって、
あっという間にひと缶食べてしまいました(笑)

あっという間に食べ切ってしまう量を考えると、お値段がちょっと
お高めかなぁという気はするかも・・・。
お値段の多くは、缶代が占めているような(笑)

缶の見た目はなかなかなので、ちょっとしたお土産にいいかもしれませんね。
[PR]

by marutaka0906 | 2005-09-17 23:52 | 和SWEETS
*白松がモナカ本舗* 白松がモナカ
b0059275_805492.jpg先日の「モナブラン」と、最中つながりということで・・・

今日ご紹介するのは、”白松がモナカ本舗”
「白松がモナカ」。

仙台のお土産としてはかなり有名な和菓子だそう
ですが、私は今回初めていただきました。


横浜の高島屋をぶらぶらしていた時、同行の友人が「コレおいしいよ。」と教えてくれたので
思わず購入。お家にキープしてある数々のスイーツが頭をよぎりましたが、無視、無視(笑)

大納言3個、大福豆3個、胡麻4個、計10個入りで、892円。

最中の皮は、しっとりめです。北海道十勝と洞爺湖産だという餡は、甘さはしっかりと
しているものの、しつこさは感じず美味しい。

b0059275_817989.jpg1番気に入ったのは、友人もイチオシの胡麻。

←のように、胡麻餡がた~っぷり。
(切り口が汚くて、スミマセン・・・)

この胡麻餡が濃厚で、胡麻好きにはたまらない
美味しさです。
口中が胡麻風味で満たされて、シアワセ~♪

ただ、問題が1つ。
これだけ胡麻たっぷりなので、食べた後は、ハッキリ言ってお歯黒状態です(笑)
自宅で心置きなくいただくか、食べた後は速攻で歯磨きすることをオススメします。
[PR]

by marutaka0906 | 2005-09-06 23:57 | 和SWEETS
*芋処 CHAIMON* お芋のモナブラン
今年の秋スイーツのスタートを飾るのは栗きんとん・・・と密かに思っていたのですが、
hirokoさんGLOBEさんミヤカオさんの記事を見て、う~ん、なんだか焼き芋も捨てがたい
なぁ・・・と迷いに迷い、結局今年はお芋でスタートすることにしました。

b0059275_4501590.jpg

そこで、昨冬に行った銀座三越のcadeau de CHAIMONの姉妹店で、今年の6月に渋谷
東急フードショーにOpenした、”芋処 CHAIMON”へ。

写真は、「お芋のモナブラン(各210円)」。
黄色いクリームは金時クリーム、紫色のクリームは紫芋クリーム。

b0059275_561589.jpg
「モナブラン」という名前は、最中とモンブランを
合わせたもの。

最中の皮のパリパリ感が損なわれないように、右の
写真のように、上にかぶせる最中皮は別包装に
なっていました。


金時クリームと紫芋クリーム、どちらもそのクリームの下に、求肥とスポンジが隠れていて、
しっとりしたクリームの中から、もちもち~っとした求肥が現れるのが、なんか楽しい♪
別包装のおかげで、ちゃんとパリパリ感のある最中皮も合わせると、様々な食感を楽しむ
ことができます。

クリームは、どちらもお芋の味がしっかり出ていて、お芋の自然な甘さを生かすためか、
お砂糖などの甘さは控えめです。ただ、金時クリームは、少しバターが効き過ぎな気が・・・
かなりスイートポテトに近い感じだったかも。

個人的には、紫芋クリームの方が気に入りました。
紫芋独特のクセを、程よいバター(だと思う)がまろやかにしている感じ。

そして、焼き芋粉を入れて焼き上げたという最中皮からは、かじる度に、ほんのりとですが
焼き芋の香りがたしかにして、美味しかったです。
(ちなみに、金時クリームの方の最中皮には紫芋の粉が入っているとのこと)

焼き芋のオモチャっぽい、かわいい見た目から想像するよりは、ちゃんとお芋のお味を
しっかり感じることができる、美味しい秋スイーツでした。

こちらの東急フードショー店では、今のところホンモノの焼き芋は扱っていませんが、
今後、良いお芋の入荷量が増えれば、焼き芋も販売する予定だそうです。

でも、それまできっと待ちきれないだろうから、次は銀座三越店に行って、ホンモノの
焼き芋を食べたいです~!
[PR]

by marutaka0906 | 2005-09-05 01:37 | 和SWEETS
*ずんだ茶寮* 大緑富貴羊羹
b0059275_2305672.jpg
ずんだ餅が大好きな私が、時々覗きに行く
お店、東京大丸のB1Fにある”ずんだ茶寮”

いつもずんだ餅ばかりなので、今回はいつもと
違うものを、と思い、「大緑富貴羊羹(273円)」を
買ってみました。


b0059275_2473090.jpg
こちらの羊羹は、青えんどう豆「大緑」で作られて
いて、この「大緑」は北海道上富良野で契約栽培
されたものだそう。

その良質な青えんどう豆の味が、じんわりと
お口の中に広がって、美味しい。


和菓子らしい、しっかりとした甘さもありますが、不思議とあまり口に残りませんし、
青えんどう豆自体の美味しさを邪魔していないのが気に入りました。

筒から押し出して、ひと口サイズに糸で切っていただくのも楽しい。

こういうちょっとした作業が、なにげに嬉しかったりするんですよね~。
・・・って、私がオコチャマなだけかな?(笑)
[PR]

by marutaka0906 | 2005-08-28 23:57 | 和SWEETS
*AMANOYA (麻布十番)* かめ山&プリン
b0059275_229212.jpg麻布十番にある”AMANOYA”に
行ってきました。

こちらのお店は、大阪ではとても有名な
老舗の甘味処で、2年前に麻布十番に
移転してきたそうです。

左の写真は、”AMANOYA”名物の
「かめ山(790円)」。


ちなみに、亀山とは、関東でいう「ぜんざい」のことで、関西独特の呼び方だそう。
お餅などにあんを添えたもののことです。

あんこと白玉のシンプルな組み合わせって、やっぱりいいですね~・・・

特にあんこの美味しさが際立ってました。
こちらのあんこは、大粒の丹波産大納言を使っているそうで、これが甘さ控えめに
ふっくらと炊いてあって、とても美味しかったです。

ただ、美味しかったのですが、これが790円。う~ん・・・ちょっと高いような気も・・・
私はあまり和菓子をいただく機会がないのでよくわからないのですが、和菓子の
相場ってこんな感じなのでしょうか?まぁ、場所柄ってこともあるのかな・・・

b0059275_302978.jpgもう一品は、「昔ながらのプリン(470円)」を。

サクランボが上にちょこんと乗っているのが、
いかにも昔っぽくて、なんとも微笑ましい。

子供の頃、パフェとかに付いてくるサクランボを
食べるのが、とっても嬉しかったな~なんて
思い出に浸りながらいただきました。


あ~でも、たしか高校生の時に、「ああいう物に付いてるサクランボは使いまわしだから、
食べちゃダメだよ」なんて話を聞いてショックを受けたこともあったような・・・
もちろん、こちらのお店はそんな事は決してないでしょうから、しっかり食べましたよ(笑)

食感は、懐かしい固め系。最近なめらか系のプリンをいただくことが多いので、なんだか
新鮮に感じました。

ところで、こちらのお店、夕方6時以降は、お好み焼きなども食べることができます。
ねぎ焼きがなかなかイケルとの噂。

次回は、6時過ぎを狙って行ってみようかな。
[PR]

by marutaka0906 | 2005-08-24 23:59 | 和SWEETS
*花園万頭* せん茶万頭
b0059275_214246.jpgsayagataさんが紹介していた、”花園万頭”
「せん茶万頭」を、私のオアシス(笑)日本橋高島屋B1Fで
見つけたので、お仕事中のおやつに購入してみました。

本当は美味しく淹れたお茶といただきたいところでしたが
職場なのでそうもいかず・・・

たまたまコンビニで発見した「伊右衛門 新茶」と一緒に
いただきました。

勤務中の為、さらっとしか写真を撮れなかったので、
美味しそうな写真は、sayagataさんの「喫茶ぶろぐ」にてお楽しみください(笑)

「せん茶万頭」は、新茶を使ったお饅頭。

新茶を細か~くしたものが表面にかけてあるので、包みを開けた瞬間、ふわっとお茶の
香りが・・・思わずくんくん嗅いでしまい、先輩に苦笑される私・・・(笑)

餡はこし餡で、これがとっても舌触りなめらか。
ふんわりとした皮となめらかな餡・・・この食感の二重奏にヤラレました。

伊右衛門の新茶も、普通の伊右衛門に比べてフレッシュで爽やか。
ちゃんと新茶らしさが出ていました。

殺人的な忙しさの前の、ほんのひと時、新茶コンビですっかり癒された私です。
sayagataさん、美味しいお饅頭を教えていただき、ありがとうございました☆
[PR]

by marutaka0906 | 2005-05-26 22:01 | 和SWEETS
*茶通人* 創作抹茶洋菓子
b0059275_0521791.jpg私は、抹茶を使ったスイーツが大好きです。

なので、池袋東武や丸ビルなんかで見かける
度に、気にはなっていたんです。

で、今回、新宿伊勢丹でまた遭遇しました。
お茶の専門店、”茶通人”

写真手前より時計回りに、抹茶ダクワーズ「ウッフ ドゥ ロッシュ(200円)」、
抹茶フィナンシェ「カロー ムー(180円)」、抹茶サブレ(120円)。

ダクワーズは、さっくり&ちょっぴりしっとり感も感じられる、不思議な歯ざわり。
抹茶のガナシュが、抹茶感たっぷりで美味!

フィナンシェは、まずはぷ~んとバターの香りがして、その後にほのかに
抹茶の香りが・・・

1番抹茶の苦味が出ていたのが、フィナンシェかな。でも、その苦味が、バターや
アーモンドと見事にマッチ!(←死語?) しっとり感もイイ感じでした。

サブレは、抹茶の苦味を生かすよう、まろやかな甘さ。
甘さが控えめなのと、サクサクした食感で、いくらでも食べられてしまいそう!

サスガはお茶専門店、どのお菓子も、抹茶のほろ苦さがきちんと感じられて、
とっても美味しかったです♪

濃く美しい抹茶色を見ると、なぜだか気持ちが和むんだよなぁ・・・
な~んて、久しぶりに自分の中の「日本人らしさ」を再確認しちゃいました(笑)
[PR]

by marutaka0906 | 2005-05-19 23:51 | 和SWEETS