毎日おいしく楽しく☆                                    
byまる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
わらび餅の美味しさをキュ..
from 水のある生活
霞町 すゑとみ(すえとみ..
from 美味食楽 ~ ランチ・日本橋..
夏はやっぱりかき氷
from 街角探検隊
東京ミッドタウン レストラン
from 東京ミッドタウン レストラン
ノーリーズ
from ノーリーズ
リンク
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モルディブ土産は明太子???
海外旅行を何度かされている方なら、1度や2度は何かしらのトラブルにあわれていると
思います。私は幸いにも、そんなに大きなトラブルにはあったことがないのですが、
1度だけ、帰国日が丸1日遅れてしまうというトラブルにあいました。

それはモルディブ旅行でのこと。

予定通りにいけば、モルディブ夜発→スリランカ(コロンボ)、コロンボでのトランジットは
1~2時間程度(だったと思う)、コロンボ→成田翌朝着でした。

モルディブ→コロンボはスリランカ航空で2時間弱程度。うとうとしていた私は、着陸した
気配に目を覚ましました。そこに英語でのアナウンス。私が聞き間違えていなければ、
インドの空港に着いたとアナウンスは伝えています。え~なんで、インドなの~???

どうやら、強風の為コロンボには着陸できなかったとのことで、しばらくは空港上空を
旋回して風がおさまるのを待っていたらしいのですが、燃料切れを恐れて1番近いインドの
空港に着陸したとのことでした。

でも、インドに入国できるはずもなく、数時間機内に閉じ込められ、その後なんとか
コロンボでの着陸許可がでたとのことでやっと離陸、コロンボに着いたまではよかった
のですが、成田行きのスリランカ航空は既に離陸した後・・・

(この便の乗客のほとんどが、この便に乗れなかった私たちと同じモルディブ旅行の
日本人だったと思われるので、おそらく機内はガラガラだったはず・・・同じ航空会社
なのに、なんで待っててくれなかったのかが不思議です。そんなものなんでしょ~か?)

そのまま空港にはいられないということで、航空会社が用意したホテルへと移動しました。
が、しかし。当時スリランカでは、空港から離れた場所ではありましたが、テロが頻発
していて、空港はものものしい警備に囲まれていました。
ライフル銃(?)を持つ警備員の脇を通る時はかなりビクビクものでした。

その上、街中のいたる所に、日本人の感覚で見るとアヤシイ(スリランカの方、
ごめんなさい)金ピカの仏像があって、それがなぜか下からライトアップされてるんです。
昼間明るい時に見るとなんということもありませんが、深夜に見るとかなりコワイです。

1時間余りの恐怖のバス移動後、やっとホテルに到着したものの、伝えられた滞在可能
時間はなんと3時間。疲れ倍増です・・・。
まぁ、救いは、ありました。ホテルの朝食がおいしかったんです。特にワッフルは
最高でした!!!

つかの間の休息(?)の後、また1時間以上かけてコロンボ空港に戻り、やっと帰国できる
のね~と思ったんですが・・・

当時、スリランカ航空のスリランカ~成田便は週3便。
その日の翌翌日にならないとスリランカ航空には乗れません。なので、とりあえず便数の
多いシンガポール航空でシンガポールへ行ってくれとのことでした。

とゆ~ことで、シンガポールに着いた私たち。
女の子なら誰でも喜ぶ免税店がズラリの空港ですが、疲れきった私たちには免税店巡りを
する気力など残っているはずもなく、ベンチでグッタリ。

それなのに、数時間後、そんな私たちを更に追い詰める発表が・・・

シンガポール~成田便はどれも満席で、キャンセルも見込めないとのこと。
シンガポール~大阪便は少しだけ空席があったのですが、それは大阪方面に行く方に
優先的に振り分けられてしまいました。

結局私たちに残された選択肢は、シンガポールから1度博多に入り、その後羽田へと
いうものでした。

でも、人間、疲れがピークを超えるとハイな気分になるものですね。
もうその頃にはすっかり開き直った私たちは、シンガポール航空の旅を存分に
楽しみ(朝食のお粥は機内食にしては絶品でした♪)、博多でのお土産ショッピングを
満喫しました。

とゆ~わけで、そのモルディブ旅行のお土産は博多の明太子。

紅茶を期待していた母にはブーブー文句を言われましたが(おいおい、私は大変だったん
だぞ~!)、明太子もそこそこ喜んでもらえたようです。

まぁ、天候不良が原因だったとはいえ、スリランカ航空は最後まで謝罪の言葉が
一切なしだったのが、アッパレというかなんというか・・・さすが外資系ですね。

でも、航空運賃の安いスリランカ航空は、モルディブ好きな貧乏人(泣)の強い味方
なんですよね~。最近は直行便もあるし。
それに、案外好きだったりもするんです。ヘソ出し(?)の制服や、優し過ぎない
サービス(笑)、香水プンプンのおしぼりetc・・・

悪口じゃありませんよ(笑)  このどれもが、あ~モルディブ旅行なんだなぁって
気にさせてくれるんです。
そんなこんなで、その後もdelay覚悟でスリランカ航空を利用している私です。
[PR]

by marutaka0906 | 2004-12-19 23:58 |
<< 嬉しいプレゼント♪ レピシエの紅茶 久しぶりの "Sou... >>